夜勤前の過ごし方のポイント | 看護師のための健康・美容ナビ

MENU

夜勤前の過ごし方のポイント

夜勤をうまく乗り切れるかどうかは、夜勤前の準備がしっかりできているかどうかにかかっているといってもいいでしょう。夜勤前には、まずゆっくりと睡眠をとって休むことが大事です。この時炬燵の中やソファでごろ寝をするのはあまりお勧めではありません。ベッドなり布団なりに入って、本格的な睡眠をとることです。

 

そして若干矛盾することかもしれませんが、必要以上に長時間睡眠をとらないでください。寝だめをして夜勤に備えるという人もいるでしょうが、かえって睡眠を浅くしてしまって、睡眠の質を落とすことになりかねません。

 

また食事は1日3食、規則正しく食べるように心がけてください。夜勤前だと夕食の時間を少し変えてしまう人も多いはずです。しかし勤務以外なるべくいつも通りの時間帯に夕食を食べるように意識してみてください。

 

食事も栄養バランスのとれた食事を意識して、献立を考えてみることです。以上に注意すると、だいぶ夜勤も乗り切りやすくなるはずです。

 

行政保健師の勤務日記を見てみると、看護師のように夜勤が無い保健師の方でも睡眠不足で悩む人が多いそうです。やはり医療系の仕事は立ち仕事が多く、自分が思っている以上に疲れが溜まっています。

 

まずは、食生活の改善から始めてみましょう!